Skip to content

ネットワークビジネスで目標達成!

Just another WordPress.com site

「ピンチ?チャンス?」

こんな話を聞きました。面接試験で本当にあったお話です。

その日は、東京のある会社の面接に、長野県から二人の就職希望者が来る予定でした。

しかし、当日の天気はあいにくの台風。新幹線は不通になり、東京に出ることができなくなってしまったのです。

分岐点

大切な面接の日に、台風が来てしまうなんて、、普通に考えれば、この出来事は、トラブル、不運、アクシデントなどというネガティブな出来事に思えてしまいます。

しかも、相手は天災。人間がどうこうできるものではありません。「不可抗力」と捉え、次のチャンスを待つ、というのが、普通の判断なのかもしれません。

ところが、実際には、この二人の面接希望者は、まったく正反対の行動をとったのです。

パターンA

まず、一人目のAさんは、台風で新幹線が走らないことを 知るとすぐに、先方の会社に電話をしました。

「新幹線が走らず、伺うことができない。日を改めてほしい」と

もちろん、会社の担当者も、事情を汲み取り、「では、来週にしましょう」と快く、別の日程を指定したのです。

パターンB

しかし、Bさんは新幹線が使えないことを知ると、すぐに別の経路を調べはじめたのです

そして、新潟経由であれば、倍の時間がかかるが、何とか間に合う、と面接に向かったのです。

その結果。Bさんは、時間ギリギリに到着できたのです。

当然、面接官は疑問に思いました。しかし、Bさんが会社にたどり着くまでの経緯を聞いて、納得できたのです。

面接の行方

翌週、Aさんが面接に現れた時には、Bさんは既に仕事を得て、働いていたということなのです。

上記の話は、実話だそうです。

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。